PERFECTION NOISE Episode.0

千葉翔也 様 斉藤壮馬 様 石川界人 様 木村良平 様

PERFECTION NOISE Vol.1 倉月成海

千葉翔也 様

PERFECTION NOISE Vol.2 一条瀬那

斉藤壮馬 様

PERFECTION NOISE Vol.3 向坂秋人

石川界人 様

倉月成海役 千葉翔也様

Q1. 本⽇はご収録ありがとうございました。作品のコンセプトや物語について感じたことなどをお聞かせください。

すでにアーティストとして成功しているユニットでありながら、人間らしい4人が集まっているところがとても魅力的だと思いました。キャラクターを演じさせていただくからには成海たちには大きくなっていってほしいと思うので、今回のドラマの中で4人が成長していく姿は嬉しかったです。彼らが持っているパワー、そしてビジュアルからもすごく良いイメージが広がりましたし、ここまでスタイリッシュな作品に関わらせていただく機会が自分自身多くはなかったので、新たな世界観を嬉しく感じています。

Q2. 本⽇のご収録の感想(ご⾃⾝のキャラクターを演じる際に、難しいと感じた部分、または楽しかった部分)があれば教えてください。

成海と自分は違う人間ですが、実力に対して持つ悩みなどはとても人間らしい部分が多かったので、違和感なく彼の気持ちを考えることができました。
僕が当初想像していたよりも、成海は大人で落ち着いたタイプだったのですが、だからこそ彼が内に秘めている熱意や静かな炎を際立たせることができたと思います。

Q3. キャラクターの関係性についてはどう感じられましたか?

成海目線で台本を読んでいると瀬那の言葉ひとつひとつが棘として刺さりましたね(笑)。でも成海はその言葉をきちんと受け止めて、自分の努力に変えることができる人なので彼らはとても稀有な関係だなと思いました。それでいて瀬那の方も成海の努力を知った瞬間に認めてあげる。プライドが高い人は、自分が信じていたことと現実が違っていても素直に認められないんじゃないかと思っていたんです。ですが瀬那は自分が認めているラインがはっきりあるだけで、それを超えているか超えていないか判断できる人なんだとわかりました。ふたりは、本当はお互い純粋に尊敬しあえる関係なんじゃないかと思います。成海の瀬那への尊敬も純粋ですし、劣等感ではない羨望なので。それができるのは成海の才能だと思いますね。他には無い珍しい関係性だと思います。

Q4. 今回の物語では、仲間同⼠の衝突からはじまり、グループとして「NN」が成⻑していく姿が描かれました。今後NOISEメンバーが展開する物語で、⾒てみたいor演じてみたいストーリーはございますか?

彼らが協力せざるをえない場面は見てみたいですね(笑)。
仕事となると4人ともすごく磨かれている人間なのである程度のラインは絶対に超えてくるかと思うんですけど……。たとえば、プライベートで成海と瀬那が協力して料理をしなきゃいけなかったり(笑)。日常の中でどうしようもなく格好悪い姿を晒さなければいけないとか、そういう彼らを見てみたいなと思いました。

Q5. 作品タイトル・グループ名にもある「NOISE」という単語にちなんでの質問です。普段⽣活されている中で、⽣活⾳でも⾳楽でも構いませんので、好きなノイズ=⾳を教えて下さい。

僕は学生時代、軽音部に入っていたのですが、ライブが始まる前アンプにギターをつないだ瞬間の音がめちゃくちゃ格好いいなと思っていました。まさに今からライブが始まるんだという感じがしてすごく好きでした。

Q6. 今回の物語の聞き所をふまえつつ、CDをご購⼊されるお客様にメッセージをお願い致します。

4人それぞれの人生がすでに走り出している感じがします。これからの彼らの活躍が本当に楽しみな作品です。皆様がキャラクターや楽曲を愛してくださったら、より想像もしなかったスケールの大きい場所へ連れて行ってくれるんじゃないかと思うので、ぜひ期待していてほしいなと思います。4人の関係値がどんどん変化していく部分にリアリティがあり、僕自身も成海を楽しく演じさせていただいています。これからもPERFECTION NOISEをよろしくお願いします!


一条瀬那役 斉藤壮馬様

Q1. 本⽇はご収録ありがとうございました。作品のコンセプトや物語について感じたことなどをお聞かせください。

EDM×ダンスボーカルユニットというコンセプトは、ありそうでなかった感じがして魅力的だなと思いました。しかも彼らは国内のみならず世界的に評価されているアーティスト。芝居も歌も、その設定に恥じぬようなものを出さなければならないと、気合を入れて臨みました。そんな作品にお声がけいただけて、とてもありがたく思っています。ストーリーは、今回(ドラマCD)彼らがチームとして新しいステップに進むエピソードだったと感じています。最初の彼らは、右京社長の「このままじゃNOISE NOVAは終わってしまう」という言葉の通りバラバラでした。千智と秋人のサポートを受けつつも、瀬那と成海が本気でぶつかりあったことで、結果的に彼らが結束してレベルアップできたのは熱い展開だと思いました。今後がどうなっていくのかが楽しみです。

Q2. 本⽇のご収録の感想(ご⾃⾝のキャラクターを演じる際に、難しいと感じた部分、または楽しかった部分)があれば教えてください。

瀬那は非常にエキセントリックな人物なので、役者として演じていてとても刺激的でした。彼は悪意を持って人を煽っているというよりは、経験に裏打ちされた自信とプライドを素直に表現している人なのだろうと思ったので、聴こえ方としては嫌味っぽくはなってしまったかもしれませんが、その根底にある第一線に立っている覚悟を感じながら臨みました。とはいえ、かなり強めなセリフが多かったので、そこは大変でしたね(笑)。表現としてワンパターンにならず、人間くささが出ていたらいいなと思っています。

Q3. キャラクターの関係性についてはどう感じられましたか?

成海と瀬那は、一見ひとりが完成されていてもうひとりがこれから伸びていくという対比的な関係性のように思えますが、意外と軸は似ている部分もあるのかもしれませんね。ミニドラマでは瀬那の方が苦労人なんじゃないかという雰囲気が漂いはじめていたので、これからが楽しみです(笑)。千智と秋人は個別のお話を見てみたいですね。今回は瀬那と成海の確執がありそれを見守るふたりという描かれ方だったので、そんな彼らの描かれていない過去や内面を、個人的にもっと見てみたいなと思いました。

Q4. 今回の物語では、仲間同⼠の衝突からはじまり、グループとして「NN」が成⻑していく姿が描かれました。今後NOISEメンバーが展開する物語で、⾒てみたいor演じてみたいストーリーはございますか?

今回はアーティストとして先輩である瀬那がまだ発展途上の成海とやりあうという話だったので、逆に成海が成長しすぎて瀬那が焦り始める展開も見てみたいですね。シリアスとコメディどちらの要素も楽しめる作品なので、日常回やドタバタ系も楽しそうです。

Q5. 作品タイトル・グループ名にもある「NOISE」という単語にちなんでの質問です。普段⽣活されている中で、⽣活⾳でも⾳楽でも構いませんので、好きなノイズ=⾳を教えて下さい。

昔、バスケットボールをやっていた頃の話なんですが……。休憩中、次の試合の出番待ちをするためコートの端の床に座って待機していたんです。その際、他のチームの選手がウォーミングアップでボールをドリブルする音と振動が同時に来て。それがすごく眠くなったんですよね。僕はあまり寝つきが良いタイプではないのですが、唯一複数回眠れたのがドリブルの音でした(笑)。一定の振動を与えると体や脳がリラックスするといわれているようなのですが……って、こういう話でもいいのでしょうか(笑)。あとはベタですけど、しとしと降っている雨音とかも結構好きですね。ただ自分が濡れるのは嫌なので、自室に居ながら楽しみたいです(笑)。

Q6. 今回の物語の聞き所をふまえつつ、CDをご購⼊されるお客様にメッセージをお願い致します。

良い意味で挑戦的で野心のある作品だと思います。一条瀬那という人は、言動の表面だけを見るとクセが強くて面倒くさい人のように思えるかもしれませんが、一方で自分の仕事やパフォーマンスに対して妥協を許さない強い意志を持っているのだと思います。とはいえ、今回のドラマでいうと、NOISE NOVAのノイズ要因というか、トラブルの元凶は瀬那であることは否めないかなとも思うのですが……(笑)。瀬那も他のメンバーも決してパーフェクトではなく、歪で、人間らしさを持ったキャラクターです。僕自身はそんな生々しさが素敵だなと思ったので、彼らが描く人間ドラマと紡ぎ出す音を楽しんでいただけたら幸いです。そして、このあと個別のCDも発売されます。今回のドラマを聴いていただくと、「この4人は一体どんな人なんだろう? もっと彼らのことを深く知ってみたい」と彼らのことが気になる作りになっていると思いますので、ドラマとあわせて個別のCDも楽しんで聴いていただけたら嬉しいです。よろしくお願いします。


向坂秋人役 石川界人様

Q1. 本⽇はご収録ありがとうございました。作品のコンセプトや物語について感じたことなどをお聞かせください。

今まで自分がやってきた音楽作品やユニットものとはまたひとつコンセプトが違うと思いましたし、ゴリゴリに格好いい歌とダンスのグループということで、自分にとっても挑戦的な作品になるかもしれないなという印象でした。どういった楽曲になるのか非常に楽しみです。

Q2. 本⽇のご収録の感想(ご⾃⾝のキャラクターを演じる際に、難しいと感じた部分、または楽しかった部分)があれば教えてください。

最初に秋人の資料を頂いた際はクールで強面なイメージがあったのですが、実際はセリフに表情をのせられる方向性のキャラクターでした。自分が兼ねてからやりたいと思っていた“クールだけど表情がのっているお芝居”に挑戦できたのは嬉しかったし楽しかったです。

Q3. キャラクターの関係性についてはどう感じられましたか?

成海と瀬那、そして秋人と千智は、表面上正反対に見える関係性かもしれませんが、物語を最後まで読むと本質は一緒という印象がありました。今回のエピソード0に関しては、成海と瀬那の関係性ができるまでというのが軸にあったので、ここからスタートするふたりと、それを見守りつつ今完成している関係性がどうなるのか楽しみなふたりだと思います。

Q4. 今回の物語では、仲間同⼠の衝突からはじまり、グループとして「NN」が成⻑していく姿が描かれました。今後NOISEメンバーが展開する物語で、⾒てみたいor演じてみたいストーリーはございますか?

秋人と千智の喧嘩を見てみたいですね。暴力ではなく大人として言い合いをしてみたいです。たとえば成海と瀬那に対する教育の方向性の違いでお互いの気持ちをぶつけ合うとか……。それに対して成海と瀬那が「あのふたりをどうにかしよう」と協力して解決に奔走したら面白そうです。成海と瀬那の絆も深まり、秋人と千智も雨降って地固まるというような物語があったら嬉しいですね。

Q5. 作品タイトル・グループ名にもある「NOISE」という単語にちなんでの質問です。普段⽣活されている中で、⽣活⾳でも⾳楽でも構いませんので、好きなノイズ=⾳を教えて下さい。

ゲーム内の銃声の音を聞くとよく眠れることに最近気づきました!(笑)。銃声の音って一定のリズムなんですよね。夜中にゲーム実況者さんの配信を見ながら寝落ちするようになったりしています(笑)。

Q6. 今回の物語の聞き所をふまえつつ、CDをご購⼊されるお客様にメッセージをお願い致します。

このCDは4人の登場人物が出てくるのですが、それぞれの関係性やペア同士のコントラストの違いを非常に楽しんでいただけると思います。今回はユニットの地盤が固まり始めるそんなお話になっていますので、聴き応えのある人間関係をお届けできると思います。ぜひとも最後まで聴いていただいて、少しでもNOISE NOVAに興味を持っていただけたら嬉しいです。そして今後展開される個別CDでは気になるキャラクターをぜひ見つけていただけたらと思います。どうぞよろしくお願いします!


来宮千智役 木村良平様

Q1. 本⽇はご収録ありがとうございました。作品のコンセプトや物語について感じたことなどをお聞かせください。

アーティストイメージや楽曲のイメージがしっかりと描かれている作品です。。物語に関しては、完全に瀬那が周囲を振り回す場面が多かったです(笑)。千智は一生懸命で良い子でした。

Q2. 本⽇のご収録の感想(ご⾃⾝のキャラクターを演じる際に、難しいと感じた部分、または楽しかった部分)があれば教えてください。

千智は年齢の設定的にもひとり飛び抜けているので、そういった意味ではありのままに演じました。

Q3. キャラクターの関係性についてはどう感じられましたか?

千智と秋人は、実はふたりでいるときあんまり喋らなさそうな気がします。 家族に近い感じだから、会話のキャッチボールがそんなになくても大丈夫そうですね。成海と瀬那に関しては、成海が瀬那の気持ちを全部受け止めてしまうところが瀬那を余計にヒートアップさせてしまっていると思うので、その部分が熟れてくることがユニットにとっても大事なんじゃないかなと思います。

Q4. 今回の物語では、仲間同⼠の衝突からはじまり、グループとして「NN」が成⻑していく姿が描かれました。今後NOISEメンバーが展開する物語で、⾒てみたいor演じてみたいストーリーはございますか?

ミニドラマでロスに行くお話がありましたが、4人が海外に行ったときにトラブルに巻き込まれてパニックになるお話なんかは楽しそうですね。彼らの関係性が出来上がったからこそ描ける面白さがある気がします。この4人はキャラクターバランスが良いので、瀬那がどこかで揉め事起こすのか、成海が迷子になるのか、秋人が突然姿を消すのか……(笑)。そういうところから生まれるドラマを見てみたいです。

Q5. 作品タイトル・グループ名にもある「NOISE」という単語にちなんでの質問です。普段⽣活されている中で、⽣活⾳でも⾳楽でも構いませんので、好きなノイズ=⾳を教えて下さい。

家の中はだいたい常に音が鳴っています。音楽用のスピーカーで音楽をかけたり、テレビでミュージックビデオを流したり……。YouTubeや映画なんかもよく流しっぱにしています。マルチタスクじゃないと駄目で、ふたつ以上のことが同時進行していないと嫌なタイプなんです(笑)。なにか作業をしつつも、後ろでは音楽がかかっていたり、映画が流れていて音が聴こえているほうが好きです。

Q6. 今回の物語の聞き所をふまえつつ、CDをご購⼊されるお客様にメッセージをお願い致します。

飛ぶ鳥を落とす勢いのトップユニットということで、もちろんそういった面も描かれていますが、内実は熱く良いもの作りをしたい、そして格好もつけたい男たちのある種のぶつかり合いの物語です。もちろん格好悪い部分もありますが、彼らが格好良くなる過程だと思って楽しんで聴いていただきたいなと思います。よろしくお願いします。


倉月成海役 千葉翔也様

Q1. 今回の物語について感じたことなどをお聞かせください。

第1巻のドラマCDでは他のメンバーとの対比で見えてくるものが多かったのですが、今回はモノローグもあり彼の心情が描かれているシーンが多かったので、成海という人をまた新たに知ることができて嬉しかったです。男性目線で見ると少し格好わるい部分なんかも見えたりして、余計に成海が愛おしくなりました!

Q2. ヒロインとの関係性についてはどう感じられましたか?

最初にヒロインが出てきたときは成海と彼女は相容れないのかな?と思っていたのですが、彼女の方が最終的には成海を受け入れてくれたので安心しました。

Q3. 演じる際に難しかった点などはございますか?

前回のドラマCDは皆から見て成海は後輩という存在だったので、ある意味彼の不器用さも成立していたのかなと思います。今回は成海個人のモノローグやセリフで展開する物語だったので、テンポ感などは考えながら演じさせていただきました。

Q4. 今回は成海の恋愛も描かれましたがいかがでしたか?

告白のシーンなんかは、実際の収録では当初僕が予定していたものとは違ったものが出た気がします。抑えきれずに思わず彼女へ伝えてしまったというか……。そんな部分も成海らしいと言っていただけたのでよかったです。

Q5. 演じてみてご自身が成海を好きだと思う部分はどこでしょうか?

(ヒロインに対して)上辺だけで判断するのではなく、過ごしていく中で相手をちゃんと見てから好きになっているところはとても素敵だと思いました。

Q6. 今回の物語の聞き所をふまえつつ、お客様にメッセージをお願い致します。

「人間・倉月成海」といったお話になっていると思います。彼の良い部分はもちろん、未熟な一面も感じていただける一枚になっています。最後まで聴いていただければ成海という存在を好きになっていただける物語だと思います! ぜひ聴いていただけたら嬉しいです。宜しくお願いします。


一条瀬那役 斉藤壮馬様

Q1. 本⽇はご収録ありがとうございました。今回の物語について感じたことなどをお聞かせください。

初巻ドラマCDの瀬那はムードメーカーでありトラブルメーカーのような立ち位置でしたが、今回は個別CDということで彼のバックボーンが深く描かれた物語でした。瀬那がなぜああいった性格になったのかが一読者としても非常に理解できたので、ドラマCDとあわせてぜひこの個別CDをお聴きになって楽しんでいただきたいと思う脚本でした。

Q2. 兄・朝陽との関係性についてはどう感じられましたか?

これまで瀬那は朝陽のことを自分の半身のように感じていたと思うんですが、この物語を通して、彼は自分の人生を自分で選択しようと思えるまでに成長しました。これからは朝陽のことをひとりの家族として大切にしていけるのではないかなと思います。

Q3. 演じる際に難しかった点などはございますか?

物語の序盤の方で瀬那が打ちひしがれるシーンがあるのですが、その箇所が感情のピークにならないよう調整しながら演じさせていただきました。最後の告白のシーンは、可愛くなりすぎないよう気をつけました!

Q4. 作中、最も心に残ったシーンはございますか?

後半で瀬那がヒロインの前で本音を吐露するシーンです。「ずっとひとりで頑張ってきたのに」というセリフが印象的でした。彼の中で張り詰めていたものが、本当に溢れだしてしまったんだなと思いました。

Q5. 今回の物語の聞き所をふまえつつ、お客様にメッセージをお願い致します。

瀬那がどういった人生を送ってきたのか、なぜアーティストを目指すことになったのか。彼のバックボーンが丁寧に描かれています。朝陽との関係性はもちろん、ヒロインとの恋愛も描かれています。ドラマCDでは描かれなかったさまざまな表情の瀬那が見られると思いますので、ぜひお聴きいただけると嬉しいです。どうぞ宜しくお願いします。


向坂秋人役 石川界人様

Q1. 本⽇はご収録ありがとうございました。台本をお読みになり、物語について感じたことなどをお聞かせください。

ソロパートや恋愛のくだりはもちろん他のメンバーが登場して絡みながら物語が進んでいくところは非常にリアリティがあると思いました。その分お話にも深みが出ると思うので、演じていてもすごく楽しかったです。

Q2. 本⽇のご収録の感想(ご⾃⾝のキャラクターを演じる際に、難しいと感じた部分、または楽しかった部分)があれば教えてください。

千智と言い合うシーンは今までの秋人にはなかった表情や感情の揺れがあったので、どう表現するのか自分の中で考えながら演じました。

Q3. マネージャーとの恋物語が描かれましたが秋人の恋愛⾯についてはいかがでしたか︖

(ヒロインに対して)ガツガツいくわけでもなく慎重にもなりすぎず、相手の気持ちを推し量った上で行動できる秋人はとても素晴らしいと思いました。大人になっていくにつれて、ヒロインとはもっと良い関係を築いていけるのではないかと思います。

Q4. 今回の物語の中で個⼈的にお好きなシーンがあれば教えて下さい。

秋人がヒロインに優しくされて期待をしてしまうシーンは新しい風が吹いている感じがして好きだなと思いましたね! 千智からのビデオメッセージを見るシーンもすごく素敵でした。ぜひ絵で見てみたいです。

Q5. 今回の物語の聞き所をふまえつつ、CD をご購⼊されるお客様にメッセージをお願い致します。

前回は全員出演のドラマCDでしたが、今回はキャラクターひとりひとりにフォーカスをあてたソロシリーズです。ユニットに新しい風としてマネージャー(ヒロイン)が入り物語が進んでいくのはもちろん、その中でキャラクターが成長していく姿がきちんと描かれています。今回は秋人の成長だけではなく他のキャラクターの成長も描かれており、シリーズとして本当に良いドラマになっていると思います。このCDを聴いていただいたあと、他のキャラクターのCDも聴いていただければ、人物同士の関係性の深さや、彼らがどうやって成長していくのかを楽しんでいただけると思います。ぜひ全員分聴いていただけたら嬉しいです。宜しくお願いします!



――あなたの心の中に、いつまでも深く残りつづける作品になりますように。

スピカ (Spica) とはもともとは古代ローマ時代、ギリシャ語名で穀物の「穂先」を意味します。
原義は「尖ったもの」の意。
新レーベル「Spica」は、お客様の心に深く残りつづける、さまざまなオリジナルコンテンツを制作していきたい……
との願いを込めて命名させていただきました。