2018.11.28 on sale
関連作品:,

タイトル:ドラマCD A’s×Darling

アーティスト: ,,,

¥3,000+税 XFCD-0076

“3”にまつわる節目を乗り越える恋物語

【キービジュアル】A's×DarlingSS

オリジナルシチュエーションCDレーベル「MintLip(ミントリップ)」から、【“3”にまつわる節目を乗り越える恋物語】
「A’s×Darling(アズ ダーリン)」が2018年11月28日(水)より5ヶ月連続リリース!

本作は人気モデルとして活躍している彼らと恋人同士からスタートし、3日、3週間、3ヶ月、3年……“3”にまつわる恋愛の節目を乗り越える物語。
恋人ならではの甘い日常はもちろん、付き合っていても尽きない悩みや葛藤、動物系男子たちとのタイプの違う恋愛を存分に楽しめる作品となっております。

キャストは単純明快、正直者‟イヌ系男子”「犬塚太一(いぬづか たいち)」に江口拓也、マイペースで気まぐれ‟ネコ系男子”
「猫谷千草(ねこや ちぐさ)」に古川 慎、爽やかあっさり‟ペンギン系男子”「七海羽鳥(ななみ はとり)」に佐藤拓也、
一途で不器用‟オオカミ系男子”「森山志狼(もりやま しろう)」に前野智昭と豪華声優陣を起用。

シリーズはドラマCDとシチュエーションCDで構成され、11月発売のドラマCDではキャスト4名が総出演。
4人の関係性や恋人=アナタの話、モデルとしての仕事風景など各キャラクターの魅力を盛大に詰め込んだ、彼氏同士の微笑ましい物語をお届け。
その後、4ヶ月連続で発売するシチュエーションCDでは、恋人同士の節目を乗り越えるためにキャラクターたちが奮闘し、
甘く切ないシーンを盛りだくさんに入れ込んだラブストーリーを展開します。

シナリオは数々のドラマCDやノベライズ作品を担当する関 涼子、イラストは美麗な彩色やセンスの光るイラストで活躍中の秋鹿ユギリ(あいかゆぎり)。
PVはスタイリッシュなアニメーションで人気の山下RIRIが担当。

作品を彩る主題歌はSHOJIが歌う「Kiss Kiss Kiss」(各CDにはShort ver.を収録)。
彼らにとって彼女である「アナタ」が1番大好きな、大事な存在。ポジティブな愛を主張する男性目線のラブソングになっております。

「アナタ」がいてくれたから、僕はこの場所で輝ける。
――果たして、彼らは『恋人同士の節目』を乗り越えることが出来るのか。

 

【Introduction】
恋愛においての“3” ――それは「節目」の数字。
3日、3週間、3ヵ月、3年……、恋人と付き合うにおいて このターニングポイントを上手く乗り越えれば
より恋人との関係も深めることができると言われている――……らしい。
とある大学に通う4人のモデルたち。
それぞれ『彼女=あなた』がいることを公言しているものの、圧倒的なビジュアルにカリスマ性を兼ね備えた彼らは、
モデル活動のみならず 俳優や歌手など様々なメディアでも活躍し、絶大な人気を誇っている。
そんな彼との日々の中で「3」と共に訪れた恋人同士の節目。 果たして、4人は乗り越えることが出来るのか……。

 

【キャスト】
犬塚太一(CV.江口拓也)
猫谷千草(CV.古川 慎)
七海羽鳥(CV.佐藤拓也)
森山志狼(CV.前野智昭)

 

【STAFF】
キャラクターデザイン:秋鹿ユギリ
シナリオ:関 涼子
主題歌:「Kiss Kiss Kiss」 歌:SHOJI (作詞:磯谷佳江/作曲・編曲:myu)

 

【Story】
人気モデルで、仲のいい四人――太一、千草、羽鳥、志狼。
彼らは大学に通いながら、仕事に、恋に、忙しくも順風満帆な日々を過ごしていた。

毎日が楽しくて、なにより、キミのことが大好き!
なのに……どうして時々不安になっちゃうんだろ?

「3のつく時期は恋愛の節目、ってよく言うよね」

3日、3週間、3ヶ月、3年――。
彼らの前に立ちはだかる、目には見えない「3」のハードル。

だけど俺は、絶対に乗り越えたいんだ。
キミと、一緒に。

 

【店舗特典】
特設サイトをご覧ください

■キャスト直筆サイン色紙プレゼントキャンペーンのお知らせ
本CDをお買い上げの方を対象に、抽選で出演キャストの直筆サイン色紙を1名様にプレゼント致します!
奮ってご応募ください!CDにアンケートはがきが封入されておりますので、アンケートにご回答の上、帯にある応募券を貼ってご応募ください。
尚、プレゼント応募の締め切りは2019年3月末日までとさせていただきます。(当日消印有効)
(商品の発送は、2019年4月下旬を予定しています。当選者の発表は商品の発送をもってかえさせていただきます。)

TRACK LIST

Scene 1:四人で一緒にお仕事です!
Scene 2:ねえ、最近どんなかんじ?
Scene 3:いつもと同じ朝、だったはずなのに
Scene 4:腐れ縁ってこういうこと?
Scene 5:そういうとこ、ほんと、敵わない
Scene 6:これが、オレたちです!
Scene 7:Kiss Kiss Kiss(short ver.)/歌:SHOJI

お問い合わせ